職場紹介

急性期病棟 本館3階・51床/本館4階・57床

急性期病棟は、救急搬送された患者さまや、検査・手術のために入院した患者さまを対象にした病棟です。本館3階は主に外科系、本館4階は内科系の患者さまが中心。年齢は幅広く、主疾患も多岐にわたります。看護師たちはそうした一人ひとりの状態を細かく観察し、急変を見逃すことなく、濃密なケアを提供しています。また、患者さまの早期離床・早期回復をめざしたチーム医療を実践し、次のステージへ迅速に繋ぐことも看護師の重要な役割です。さまざまな病気やケガで苦しむ患者さまの命を支える急性期看護。時間の流れは速いものの、充実感はひとしおです。

回復期リハビリテーション病棟 東館4階・38床/西館3階・50床

回復期リハビリテーション病棟は、急性期を脱した患者さまを受け入れ、集中的なリハビリテーションを提供する病棟です。東館4階は主に運動器疾患、西館3階は主に脳血管疾患の患者さまを対象に、体力・筋力の回復を図り、早期の生活復帰をめざしています。回復期の看護で重要なのは、ADLの維持・向上に努めること。医師やリハビリスタッフ、栄養士など多職種と情報共有しながら、患者さまの生きる意欲を引き出し、「自分でできること」を増やすよう働きかけます。また、患者さまの残存機能を最大限に活かし、その人らしい生活を取り戻すようにサポートします。

地域包括ケア病棟 東館3階・57床

地域包括ケア病棟は、急性期の治療を終えたものの、すぐ家に帰ることができない患者さまや在宅療養中に急変した患者さまを幅広く受け入れる病棟です。限られた期間のなかで、在宅復帰の準備を進めていきます。ここでは、患者さまやご家族と積極的にコミュニケーションを図り、退院後の生活への思いを把握することがとても大切です。その上で、医療ソーシャルワーカーなど多職種と連携し、ご本人が「帰りたい場所に帰れる」ように支援していきます。患者さまやご家族の思いに寄り添い、一緒に悩み、さまざまな問題を解決していくプロセスに、大きなやりがいがあります。

緩和ケア病棟 西館4階・20床

緩和ケア病棟は平成28年、尾張中部医療圏に初めて誕生した病棟です。がん患者さまを対象に、嘔吐や呼吸苦などの身体的苦痛、精神的苦痛を和らげるよう支援しています。緩和ケア病棟はいわゆるホスピスとは違い、患者さまが自分らしい人生を生きるために、心と体の状態を整える場所です。そのため、症状を緩和できたら、再び、生活の場へ戻ることを目標とします。看護師たちは皆、患者さまのお話を傾聴し、辛い気もちに寄り添いつつ、少しでも前向きに生きられるよう支えています。患者さま、ご家族のために誠心誠意尽くすことで、人間としても大きく成長していきます。

療養病棟 東館2階・56床/西館2階・40床

療養病棟は、「衆を済う(人々をすくう)」という当院の思想を体現している、地域の最後の砦です。長期の医療管理を必要とし、在宅への復帰がむずかしい患者さまを受け入れ、それぞれの尊厳を大切にした看護を実践しています。看護師たちは、人工呼吸器や気管カニューレの装着などの医療管理を安全に行い、合併症の早期発見・予防に努めるとともに、生活リハビリも交え、日々の生活行為を介助しています。また、西館2階には、腎・透析センターが併設されており、入院透析にも幅広く対応。高齢になり、外来透析を続けられなくなった患者さまを、最後までしっかりサポートしています。

外来、中央手術室、腎・透析センター、訪問看護ステーション

病棟以外にもやりがいある看護領域が広がっています。地域と病院を繋ぐ顔となるのが外来。お子さまから高齢者まで1日300〜400名の患者さまの安心・安全な診療を支えています。中央手術室では、外科、整形外科、眼科、脳外科、泌尿器科などの手術を担当。緊張感のなかで安全を最優先にした看護に努めています。腎・透析センターでは、合併症の患者さまが安全に血液透析を受けられるよう、専門知識・技術を備えた看護師が支えています。在宅の患者さまと家族を支えるのは訪問看護ステーション。生活の現場を経験することで、看護師としてさらに成長できます。

pagetop